妊活での勘違いで着床率50%減!  part1

妊活での勘違いで着床率50%減!  part1

2015年12月28日(月)1:11 午前

part1の今回は不妊の大敵「体の冷え」対策についての勘違いを書いていきます。


一般的に言われている  体は冷やすな!温めろ!


・カイロを下腹部に貼って温める

・42度くらいで長時間の半身浴で温める

 

この2つについて書いていきます。

 

・カイロを貼る

卵子は冷凍保存がきくように、冷えには強いです。しかし温めすぎるとタンパク質が変異してしまう可能性があります。

 

男性の精巣が体外にあるのも、極力温めたくないためです。

高熱で精子が減少してしまうという事を聞いたっことがあると思いますが、温には弱いです。

またカイロと皮膚の間に水蒸気ができ、それがさらに子宮などを冷やしてしまいます。

カイロで温めたところで、深部までは温めることはできません。また温もりを維持することもできません。

・半身浴で体を温めることも同様です。

表面が温もりすぎると、風邪で熱が出た時のように身体機能は冷やせ!という信号が出ます。

そしてさらに冷え性が慢性化してしまします。

子宮を体温を温めて着床、妊娠維持をするために出来ること

自発的に冷えすぎないようにすることが重要と思います。

そのためには

・腸腰筋というインナーマッスルを鍛えること
・ストレスを自分でコントロールできるようにする

・冷えない食事をする


この3つが重要になります。

 

次回はこの3つについて書いていきたいと思います。

*上記の文章は個人の見解です。

*鍼灸、整体は医療行為ではありません

 



  |  

過去の記事