ミトコンドリアの活性化で、卵子がイキイキする健康法とは?

ミトコンドリアの活性化で、卵子がイキイキする健康法とは?

2016年02月10日(水)12:30 午前

今回は卵子の老化の原因と言われている、ミトコンドリアの質の低下について、簡単な予防法について書きます。流産の予防として今注目を集めているミトコンドリアについて、知識だけでも頭に入れておきましょう。

 

少し小難しいですが、卵子は卵細胞と極体、そして「ミトコンドリア」からなります。
それらを透明帯という膜が覆っています。

ミトコンドリアは卵子だけではなく、細胞全てのエネルギーを産生する大切なもの。

卵子自体が本来の働きをするためにはミトコンドリアの量が十分足りていること、そして元気でいることが重要なのです。

ミトコンドリアを活性させることによって、細胞=卵子のコンディションを良きものにするために生まれたのが「ミネラルCB-1」です。

(2015.2.26付 日刊工業新聞参照)

1、カロリーは控えて、身体に必要な栄養素はしっかりと取る

2、激しい運動はせずに、ゆったりとした有酸素運動を取り入れる

3、いつも良い姿勢をキープする

4、規則正しい生活のリズムを作る

5、少しの刺激を与える

 

このような基本的な生活基準ですが、現代生活の比べて自然ではないでしょうか?

 

基本の生活習慣に気を付けることが、卵子の老化を抑え、高齢出産の流産の予防の最短となります。

 

自分に出来ることからコツコツはじめませんか?



  |  

過去の記事